くろぬこ

くあどろ(旦那)と紅鯵(嫁)のブログ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| 2010.05.14 Friday () | - | - | - |
ルトラールの副作用 2009/8/20
 先日病院へ行った際にもらった薬がルトラールという名前
黄体機能不全なので、飲むようにいわれました
飲み始めてから口角、おでこに無数の吹き出物
常に微熱


でもこれも子供ができればこそ、と思い飲み続けて
遂に飲みきりました
先生には生理になったら病院へ来るように言われていたので
来ない所を見ると、もしかしたら授かる事ができたのかなと
期待していたのですが


昨日から生理とは違うような少量の出血
下腹部痛
子供がほしいので、これはホルモン剤の副作用であって
子供はきっと授かれているに違いないと思いましたが
先ほどインターネットでまったく同じ症状の方を見つけて
自分は妊娠をしていないのだな、と分かりました


今は非常に悲しい
いるような気がしていたのに


ルトラールを飲むと副作用でそうなる事もあるようで


その人の場合は、薬を飲みきって何日後かにいつもよりも大量に出血があったとの事でした


自分もそうなるんですね、何日後かに


前向きにならないといけない、旦那ちゃんに心配かけたらいけないと思っています
だけど、自分は今微妙な体調を引きずって家に仕事もしないでいて申し訳ない気持ちでいっぱいです
母も誰にも話さず期待していてくれてるのに、どうしてこうも人の期待に答えられないのか
自分に腹が立って仕方ありません


***

鯵はその後また病院へ行きましたが人工授精へのプレッシャーに自分が負けて、通う事、先生の仕事と割り切っているかのような冷静な反応全てが受け入れられず病院へ行くのを9月で止めてしまいました。
結果として、今は無事授かる事ができたのでそれまでの事も勉強代と思えてはいますが、本当に子供が欲しいのにできない気持ちは自分と旦那さん以外には分かってもらえないのだなという事もよく分かり、いい経験であり、2度と経験したくない事だと思っています。(了)



| 2009.12.17 Thursday (09:41) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
人工授精 2009/8/3
 朝、いつもより少し早めに旦那さんには起きてもらって
病院指定のケースに精子を入れてもらう
2時間以内に病院へ持ってくるよう言われていたのですぐに病院へ向かう


受付の人にケースを渡して待つ事1時間
この間に精子は洗浄され、不純物などが取り除かれて精子としての機能を本来よりも発揮できるよう濃縮する作業をしているらしい


その後診察台のある部屋へ呼ばれ人工授精
作業時間約10分てところ


先生に診察室へ呼ばれ話を聞いた所によれば
排卵は始まってきていて、そのうち2つほど卵が受精しそうだとの事
双子になるかもしれませんからねと言われる


話の後は更に排卵を促すための筋肉注射を受けて終了


¥25.420也



| 2009.12.16 Wednesday (13:14) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
尿中・血中ホルモン検査 2009/7/31
 病院に着いて、まずは診察台で診察を受ける
その後、採尿と採血を行い人工授精で使用する精子の採取方法を教えられる
調味料でも入っていそうな大きさのプラスチックケースに採取した精子を入れて更に蓋つきの紙コップに入れて2時間以内に病院に持って行くとのこと


先ほど行った採尿と採決は排卵日の予測を行うためであり、後ほど病院からいつ頃来てほしいと言われるので、それに合わせて精子を採取して持っていく
持って行った精子は洗浄され人工授精をその日にされる


3回目までで80%の人が妊娠できるらしい
その80%にできれば入りたい、旦那さんに精神的にちょっと嫌だろうという行為を
出来る限りしてもらいたくはない



| 2009.12.15 Tuesday (19:26) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
ホルモン検査 2009/7/23
 鯵です。
生理が始まってから5日間以内に病院にてホルモン検査を受けるように言われていましたので
病院に行ってきました。


先月と同じように採血をして後ほど電話で問題がないか調べるのかと思いきや
看護士さんに名前を呼ばれて小声で「今日何日目ですか?」と聞かれる…
答えた後「それでは内診室へお入りください」と言われて思わず聞き返す


「え、内診室ですか?」
「はいそうです」


え、だって生理なのに下半身脱げってか。
ハァ〜…まさか、ね。
と思いながら内診室へ入るとやはり脱いで準備をして待っていてくださいとの事。


再度質問をすると
「診察台に乗ってください、生理中で大変なのにごめんなさいね」
と優しく言われる。
やはりそうなのか…


少しして先生の内診が入りアッという間に終わったけど、だいぶテンションが下がり
心なしかお腹が痛い、いや確実に気持ちが悪い
気を紛らわせようと持ってきた本を読んだりしてると診察室へ呼ばれる


先日切除したポリープの後は良好との事で今日は新たにセロフェンという薬を処方されました。
これを飲む事によって排卵日が安定するらしいです。
次回は末日、いったいいつまで通えばいいんだろ。



| 2009.12.12 Saturday (11:04) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
子宮内膜ポリープ切除手術 2009/7/16
 先日の子宮造影検査で見つかったポリープの切除手術を受けました
朝8時半前に病院に来るように言われて来院
まず先生の話を聞いてから診察台のある部屋へ移動
子宮腔を広げる薬を入れますと言われて座ったのですが、まるで機械を体の中に入れているかのような感覚
いちいち何を入れるとか言われないので分からないのですが、ちょっとチクッとしますよと言われたのが一番痛かったです


事前にそういう流れとか器具とか聞いておけばよかったんだろうか
先生からも特に説明なかったし、麻酔の話をしてくれた人に聞けばよかったのかな
何だか分からないのを受けてるのってやっぱり不安です
ネットでも鯵みたいに受けた人の話はあっても、何をどういう風にしたかまで分かる人なんていないんですよね


薬を入れた後、個室に案内されて約2時間術衣に着替えて待つ事に
呼ばれたオペ室では術衣に着替えた時点で下着もつけていないのですが腰までたくし上げてお尻から診察台に座り、そこから足を乗せる形で乗っかりました
そこに気休め程度だと思うのですがタオルをかけられます


左腕に点滴の為の注射をされ、右腕は血圧を測られました
どうも脈拍がゆっくりらしく、何度もスポーツはやっていなかったか、他の病院では言われた事はないか確認されました(ちなみに初めて言われたので超ビビッた)
どうも通常60くらいの脈拍が40くらいしかなかったそうです


それでも手術は始まり、点滴から静脈麻酔をかけられて程なくして意識がなくなりました
どうやって目が覚めたのか、実はよく分からないのですが、とにかく起き上がって結構サックリ歩けたのは覚えています
それでも看護士さんが支えてくれて、個室へ
手術自体は多分本当に15分から20分程度だったようです
30分くらい寒くて手先が震えていたのですが鯵の行った病院では12時にお昼ご飯(サンドイッチ・温かいお茶・ペットのウーロン茶)が出ました


午後2時から診察が始まるので、それまでに着替えて1階の診察室へ行くように言われて少し休んだ後着替えを始めたのですが、その時になって初めて紙のパンツをはいていることに気がつきました
そりゃそうなんですけれど、エステでしかはいた事なかったので違う意味で新鮮だった


午後の診察を受けて抗生剤などをもらい3時前くらいに帰宅しました
ほとんど寝ていたのですが実に疲れました
下腹部の痛みは鯵の場合はあまりなく、ひたすら気持ち悪い感覚だけありました
ポリープはこれでもう2度とできないという訳ではないので、もうできない事を祈りたいです


¥12.200也



| 2009.12.11 Friday (11:01) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
子宮鏡検査 2009/7/13
 手術自体は簡単だそうで、朝病院へ行きまずは子宮腔を開く為に薬を入れるそうです
そこから2時間後くらいに切除手術
静脈麻酔をかけるそうなので、完全に動けるようになってから帰されるそうです


静脈麻酔はすぐ意識がなくなるそうですが、手術自体も15分程度だそうなので
起こせばすぐ目が覚めるくらいだそうです


ちなみに前日は早めの夕食を取り、21時以降断食
0時以降からは飲食禁止だそうです
もちろん当日朝も飲食禁止、食べたくないのと食べられないのは違うのできつい…


先生から麻酔使用に関する質問用紙と、手術をするので配偶者に同意書のサインをもらわなければならないのでその用紙をもらってから更に麻酔について説明があるというので待っていると、受付のお姉さんが来て
「今月は子宮造影検査などをやっていて、手術を今月受けると保険適用額から外れてしまう」と言われて驚きました、恐るべし厚生省…


選択肢としては、
〕莊遒房蟒僂魏鵑靴涜召慮〆困鬚垢戮栃欷嬰用内にする
∨榮受けた子宮鏡検査を自費扱いにして手術は保険適用内にする
との事でした


非常に不本意ではありますが、病院のせいではないので今回の検査料を自費にして手術は保険でという話でまとめました
その後、麻酔を扱う方と一通り話しをして会計
検査をしたので抗生剤などの薬も合わせて
¥8640


一月にどれだけ使っているのだろう…旦那さんがそういう事は何も言わずに出してくれているのがせめてもの救いです、ホント申し訳ない


ちなみに、子宮内膜ポリープだという事が判明したのですができる原因としては「炎症や分娩、流産」からできる場合もありますが、卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響からできる場合がほとんどと言われています


書いてる間に自分の体についてどんどん落ち込むのですが、旦那さんが子供を作るためにできる事をひとつずつやっているのだから気にする事はないと言ってくれていてありがたいです
がんばろう



| 2009.12.10 Thursday (11:00) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
子宮鏡検査 2009/7/13
 午後から子宮鏡の検査に行ってきました
子宮鏡とは「子宮の内腔を直視下に観察し、ポリープの有無や卵管の入り口の状態などを観察する」というもの
通常は無痛で、麻酔などもかけない検査です


子宮内にポリープの疑いがあるとは言われていたので覚悟はしていましたが
行くまで本当に憂鬱でした


病院に着いてから受付の人に教えてもらった部屋へ行きました
そこは体外受精を受ける人も来るらしくワンフロアに同じような部屋がいくつかあり、部屋自体にはリクライニングチェアが4つと向かい合わせに鍵付きロッカーが4つ
椅子と椅子の間にはカーテンがあって仕切られるようになっていました


そこでまずは服を脱ぎます
ここの病院ではとりあえず検査用の服に着替えるよう言われました
その際上の下着は外します
足元も簡単なスリッパに替えて呼び出されるまでそこで待っていました


呼び出された時に下の下着も外して看護士さんの後について処置室に入ると
いつもより大きめの診察台があり、そこに横たわるように言われました
足を器具の上に乗せて緊張をして待っていると先生登場


さっそく検査が始まりました
水を子宮内に流してカメラを入れていきます
その様子は見ることができて、初めて自分の子宮内を見ました


最初はピントが合わなくてぼんやりしていましたが、ピントが合うと実に鮮明な画像で科学の進歩に驚きました
子宮は、健康な場合卵を割った時の内側のようにつるんとした状態なのだそうです
が、鯵の場合そこかしこにポリープが
言われないと分かりませんでしたがなだらかな丘のようなのがポリープだそうで見た限りで5個以上あったと思います
先生には「あーこりゃ手術しかないな」と断言されてしまいました


検査後、看護士さんに消毒をしてもらい、今日は水を入れたので出血があるかもしれないのでとナプキンを渡されました
着替えた後、いつもの診察室で先生との話をして16日に手術となりました




| 2009.12.10 Thursday (10:57) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
子宮卵管造影 2009/7/6
 忘れ物をしてしまったせいで、早起きも無駄になる
今日は「子宮卵管造影」の検査
レントゲンで子宮の形や卵管の疎通状態を見る検査なので
スカートで行くのをお勧めする


まずは診察
先生に旦那さんと話し合った結果、人工授精もやるつもりでいる旨を話す
その後診察台へ移動


造影剤を子宮に入れられる
そして管を入れたまま(らしい、圧迫感はあるもののあまり感覚はなく分からなかった)部屋を出て待つように言われる
下着を着けないまま待合室に出て戸惑っていると看護士さんが来てすぐ隣のレントゲン室へ移動


今度は完全に横になって足だけ膝を立てる形にしておく
頭の方に画像が見られる画面がある
先生が入ってきてレントゲン開始
今までレントゲンと言えば息を止めてカメラのように撮るものしか経験がなかったが
今回のはリアルタイムに疎通を見るという、自分にとって、ある意味珍しい検査だった


先生曰く、疎通にも問題はないとの事
終了後、出血や腹痛を起こす事があるので気をつけるように言われる
感染予防のトミロンと消炎鎮痛剤のロキソートを処方される
家に帰ってきたら痛くて、今悶えながら更新中


検査後の先生との話で月経時ホルモン検査にてPRL(プロラクチン)の値が高いと言われる
高値の場合、卵胞の発育時に悪影響があるそうでこの値を低くする為に週1で飲むカバサールという薬も処方される


その後、感染症検査の血液採取
次回は以前言われた子宮内ポリープの検査である「子宮鏡検査」の予定
貧血と腹痛と出血で次回が書けるか少し心配…


¥14740也


ちなみに子宮鏡検査は同意書のサインが必要だと言われ書類を渡される
感染症検査の血液採取は子宮鏡検査をする為に必要だったらしい
感染症の人は受けられない検査だそうだ(大概検査ってそうだろうけど)



| 2009.12.09 Wednesday (10:55) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
月経時ホルモン検査 2009/6/29
 着床に失敗した
ので病院に電話をして「月経時ホルモン検査」の予約を入れる


卵巣機能の検査で排卵を司っているLH(黄体ホルモン)・FSH(卵胞刺激ホルモン)・PRL(プロラクチン)を測定し卵巣の機能を診断するため


旦那さんは仕事で一緒に来られない為、ひとりで来る


ほどなくして呼ばれて採血


検査結果のみ電話で教えてもらえるのでそのまま支払いと次回予約をして終了


¥8050也


電話をしたら問題なしとの事



| 2009.12.08 Tuesday (10:53) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
黄体期ホルモン検査 2009/6/19
 「黄体期ホルモン検査」とは採血をしてエストラジオールとプロゲステロンの
測定を行うもの

注射で採血されたのみ

¥1790也



| 2009.12.07 Monday (10:50) | 【鯵】検査・治療 | comments(0) | - |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND

 
イーココロ クリック募金
Happy Rice
Yahoo!ボランティア
空色リボン
*** 花畑牧場 ***
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS